日本で人気のブックメーカーおすすめランキング!短所長所・ ...

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

Englishフリーワードで探す詳細検索はこちら検索研究者基本情報基本情報研究学位研究活動情報研究分野論文競争的資金小内 伸幸 オナイ ノブユキ■所属部署名免疫学■職名教授  研究者基本情報基本情報http://www.kanazawa-med.ac.jp/~serol/Immunology/Top_Page.html研究研究の概要:樹状細胞、単球及びマクロファージは単核貪食細胞系に属し、病原性微生物に対する生体防御機構や組織の恒常性維持に重要な役割を担っている。本研究室ではこれら単核貪食細胞の分化制御機構や同細胞群による組織形成・再生などの恒常性維持機構の分子機序を解明する研究を行っている。学位博士(医学)研究活動情報研究分野医歯薬学 / 単核貪食細胞による生体防御機構と恒常性維持機構の解明研究課題: 樹状細胞やマクロファージの分化制御機構とこれらの細胞による免疫制御・恒常性維持機構の解明論文PCBP2 post-transcriptionally regulates sortilin expression by binding to a C-rich element in its 3' UTR, Toshiki Yabe-Wada , Caroline C Philpott, Nobuyuki Onai, FEBS open bio, 10:407-413, 2020年03月アレルギーにおける樹状細胞の役割, 小内伸幸, 樗木俊聡, 実験医学, 37:42-48, 2019年Crystal structure of the ligand-free form of the Vps10 ectodomain of dimerized Sortilin at acidic pH, T. Yabe-Wada, S. Matsuba, M. Unno, N. Onai, FEBS Letters, 592:2647-2657, 2018年08月DOI:10.1002/1873-3468.13181単球由来マクロファージの前駆細胞, 小内伸幸, 川村俊輔, 樗木俊聡, 炎症と免疫, 26:201-208, 2018年04月Commitment to dendritic cells and monocytes, (Toshiaki Ohteki), Shunsuke Kawamura, Nobuyuki Onai, International Immunology, 33:815-819, 2021年12月Detailed structure of mouse interferon α2 and its interaction with Sortilin, (Honoka Watanabe), Toshiki Yabe-Wada, Nobuyuki Onai, Masaki Unno, The Journal of Biochemistry, 170:265-273, 2021年08月A Novel CD135+ Subset of Mouse Monocytes with a Distinct Differentiation Pathway and Antigen-Presenting Properties, (Kamio N), Yokota A, Tokuda Y, Ogasawara C, Nakano M, Nagao M, Tashiro K, Maekawa T, Onai N, Hirai H, Journal of Immunology, 209:498-509, 2022年08月PCBP1 acts as a regulator of CCL2 expression in macrophages to induce recruitment of monocytederived macrophages into the inflamed colon, Xinquan Yang, Toshiki Yabe-Wada, Jia Han, Fumiji Saito, Chie Ogasawara, Sohsuke Yamada, Nobuyuki Onai, International Immunology, 35:287-299, 2023年01月An optimized cocktail of small molecule inhibitors promotes the maturation of dendritic cells in GM-CSF mouse bone marrow culture., Shintaro Matsuba, Hiroki Ura, Fumiji Saito, Chie Ogasawara, Shigetaka Shimodaira, Yo Niida, Nobuyuki Onai, Frontiers in Immunology, 14:1264609, 2023年10月競争的資金単核貪食細胞の包括的な分化制御機構の解明その他:武田科学振興財団 武田報償医学研究助成研究期間:2017年 - 2017年  代表者:小内伸幸ヒト単核貪食前駆細胞の同定と感染時の分化機構の解明その他:(公財)上原記念生命科学財団 平成29年度研究助成研究期間:2017年 - 2017年  代表者:小内伸幸分化リプログラム技術を用いたマウス及びヒト貪食細胞の樹立とその応用文部科学省:科学研究費 基盤研究(B)研究期間:2015年 - 2017年  代表者:小内伸幸胎生期樹状細胞の機能解析と同細胞による脳の炎症性発達異常機構の解明文部科学省:科学研究費 基盤研究(B)研究期間:2018年 - 2020年  代表者:小内 伸幸低分子化合物を用いたダイレクトリプログラミングによる樹状細胞樹立と新規がん免疫療法の創世その他:ブリストル・マイヤーズ スクイブ㈱ 研究助成研究期間:2018年 - 2018年  代表者:小内 伸幸血液細胞分化経路を決定する新規分子の同定と分化制御機構の解明その他:(公財)内藤記念科学振興財団 第50回内藤記念科学奨励金・研究助成研究期間:2018年 - 2018年  代表者:小内 伸幸低分子化合物誘導性分化リプログラムによる樹状細胞の樹立と新規がん免疫療法の創出その他:(公財)橘勝会すこやか健康応援団 医学研究助成研究期間:2018年 - 2018年  代表者:小内 伸幸胎児期における樹状細胞の分化制御機構解明と炎症性疾患における役割の解明その他:(公財)先進医薬研究振興財団 平成30年度血液医学分野一般研究助成研究期間:2018年 - 2018年  代表者:小内 伸幸ミクログリア特異的遺伝子改変マウスを用いたアルツハイマー病発症機構の解明その他:ノバルティスファーマ研究助成研究期間:2019年 - 2019年  代表者:小内 伸幸低分子化合物を用いたダイレクトリプログラミングによる樹状細胞樹立と新規がん免疫療法の創生その他:北國がん基金研究期間:2019年 - 2019年  代表者:小内 伸幸血液細胞分化経路における細胞系列分岐点の決定と急性骨髄性白血病の治療方法の開発その他:公益財団法人第一三共生命科学研究振興財団 2019年度研究助成研究期間:2019年 - 2019年  代表者:小内伸幸※閲覧上の注意:直近1~2年の業績は毎年7~9月に担当委員会が実施する点検により、後日情報を修正することがありますのでご了承ください。Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.

バカラ とは?オンラインカジノ バカラおすすめサイト10選も ... 5ドル入金カジノ アリステッサロニキ ベレス・サルスフィエルド
Copyright ©日本で人気のブックメーカーおすすめランキング!短所長所・ ... The Paper All rights reserved.